正しい姿勢が、やる気を起こす!?

2018年11月05日

今回は、全国に地域密着型の受験進学塾・進学予備校・個別指導塾などの教育事業を展開されているヒューマン・ブレーンの池田先生からのアドバイスをご紹介します!

みなさん、こんにちは!!

個人別指導塾 ブレーン 東生駒校の池田です!

私がいる個人別指導塾ブレーンでは、小学生、中学生の生徒さんの姿勢が悪いと、先生から『はい姿勢!!』と注意されていることがあります。

ときどき高校生や講師にも注意してますが…(笑)

今日は、勉強のときの『姿勢』のことをお話ししたいと思います。

姿勢を正すこと

個人別指導塾ブレーンでは、鬼原則の一つとして『ネガティブ発言厳禁!』があります。

それと同じくらい大切なのが『姿勢を正す』です。

 

ネガティブな口癖も悪い姿勢も、一度クセになってしまうとなかなか抜けませんので、早いうちから直しましょう!

 

小学生の保護者さんはゆっくり時間をかけて直してあげてくださいね!

 

中高生の生徒さんは理屈を知った上で、今晩からすぐに意識的に直していきましょう!!

 

背筋をピンって伸ばした姿勢は、自分だけでなく見ている側もシャキッとしていいですよね。

 

実は、背筋を伸ばした『良い姿勢』というのは、積極性ややる気が向上するということが報告されています。

 

米ハーバード大学社会心理学研究チーム(カディ博士ら)の論文によると、姿勢良く背筋を伸ばした被験者猫背で背筋を曲げた姿勢の被験者を比較したところ、姿勢の良いグループは積極性ややる気に関係するテストステロンというホルモンの分泌が有意に増えていることが分かったそうです。

 

つまり、積極性や向上心、決断力など、『がんばるぞ!!』というやる気の向上につながる科学的な裏付けが存在したということですね。

 

逆に姿勢が悪いと、ストレスを感じやすくなるコルチゾールというホルモンがやる気を減少させてしまうそうです。

 

見た目ももちろんですが、姿勢からしてダラダラやるのはやっぱり科学的(心理学的)にも絶対に良くないってことなんですね。

 

ウソでもハッタリでもいいので、勉強しているときはシャキッと背筋を伸ばす!!

これだけでも、きっとやる気が違ってきますよ!!

 

私が昔、武道の師匠から教えてもらったコツは、

『頭の頂点が天から見えない糸で引っ張られているようなイメージ』です。

あと空手の型の演舞の際に意識するように言われたのは『骨盤を気持ち前に出すように力を入れると腰が「立つ」』ということ。

この2つ、だまされたと思って今日から始めてみてくださいね。

少なくとも…見た目はシャキッとしてマジメに見えるので損はしませんよ(笑)

今日から姿勢を伸ばしましょう!!

 

このコラムの先生プロフィール

池田 優(いけだ まさる) 先生

・出身:大阪府寝屋川市

・得意科目:社会、国語、数学、小論文
※小論文は大学院時代、法科大学院入試小論文模試で全国2位(辰己法律研究所)が最高です。大学院生時代に学部生の論文指導補助を務めました。

・担当科目:小学生全科目(非受験)、中学受験(国語・社会)、中学生(5科目)、高校生(世界史、現社・政経、現文、古典、小論文)

・所属:個人別指導塾ブレーン 東生駒校

・自己紹介:現在は個別指導部門にて生徒指導の前線に立っております。
生徒さん一人ひとりの学力だけでなく、個性や心の機微まで把握に努め、豊富なコミュニケーションの中で最高の学習指導とコーチングによる生徒指導を心がけております。

・座右の銘:「艱難(かんなん),汝を玉にす」

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい