妊娠後期は便秘になりやすい!?

2019年06月25日

妊娠後期に入ると、いよいよ赤ちゃんに会えるのが楽しみになる時期でもありますよね!!

 

実は、この時期には便秘になりやすく、下剤を使用する機会が多くなりがちですよね。

 

 

下剤の使用量には要注意!!

 

昔からよく使用されている下剤は、妊婦への使用がほぼ問題ないそうですが、使用量が多すぎると、子宮収縮が生じて早産になる可能性もあるそうですので、使用するの際は使用量をきちんと守りましょう!

 

また比較的新しい下剤では、妊婦は使用しない方が良いとされるものも出てきているそうです。

 

病院で処方してもらったり、市販薬を使用する際には、妊婦である旨をしっかりと伝えて、安全性について相談、確認してから使用するようにしてください!

 

何よりも、食物繊維をしっかりと摂取すること、朝の排便の習慣づけ、乳酸菌食品や十分な水分の摂取など、日常生活の改善も図りましょう!

 

鎮痛薬を使用したくなるようなときもあるかもしれませんが、妊娠後期には避ける方がいいです。

 

赤ちゃんの血管を収縮させて、胎児動脈管収縮の原因になりやすい上に、腎臓の働きを悪くして、羊水現象を招く恐れがあるそうです。

 

お薬に関しては、薬剤師さんなど専門の方としっかりと相談して使用するようにしてくださいね!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください