子どもの病気の判断基準!?

2019年06月10日

日々成長している子どものいろいろな問題は、成長に伴って自然に解決することが多いです。

 

大人はその成長を見守り、それが妨げられるという場合に手を貸してあげれば良いわけです。

 

実は、子どもの病気についても同じことが言えるわけですが、周りの大人は、子どもの病気に対してどのように対応すれば良いのでしょうか?

 

みささんと一緒に考えてみましょう!

 

 

困っているかを親が判断してあげましょう!!

 

痛みや苦痛などを与えたり、精神のはたきを損ねたり、お子さん自身が困る状態にあるものを病気といいます。

 

普段からお子さんの様子を一番よく知っているのは親御さんです。

 

お子さんの病気の具合を見る時、まず困っているかをみてあげてください。

 

そして、病気はしっかりと治療を受ける必要があります!

 

しかし、病気でもないのに治療は不要です。

 

薬は生きていくために必要なものではありませんので、予防するために薬を使ったりすることは避けましょう!

 

病院での診察や治療は子どもにとって不快なものが多いため、お子さん自身が正しい選択をするのは大変難しいです。

 

だからこそ、親御さんが変わってお子さんが困っているのかどうかしっかりと判断する必要があります。

 

また、治療目的や副作用については、親御さんがしっかりと理解しておく必要があります。

 

子どもは大人よりも長く生きていきます。

 

お子さんの未来のためにも、親御さんがしっかりと把握するように心がけてください!!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください