食物アレルギー!原因食材の除去は最小限に!?

2019年06月03日

家族みんなで囲む食卓、とっても楽しい時間ですよね!

 

小さいお子さんをお持ちの親御さんは、日々お子さんがいろんな食べ物に興味を持ったりすることで、成長も実感できると思います。

 

一方で、お子さんがいろいろな食べ物に興味を持つにつれ、食物アレルギーの症状に悩む親御さんもいらっしゃったりするのではないでしょうか?

 

また、食物アレルギーが心配だからと、あらかじめアレルギーを引き起こしやすい食材を使わないという親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

今回は、そんな食物アレルギーについてみなさんと一緒に学んでいきましょう!

 

 

えっホント!?原因食材の除去は最小限に!?

 

食物アレルギーですが、特定の食べ物を食べることによって、皮膚や呼吸に症状が現れて、反応を引き起こすことです。

 

もちろん、どの食べ物でアレルギーが引き起こされるのかは、人それぞれ違っていて、そのほとんどは成長にしたがって治っていくといわれています。

 

もし、お子さんに食物アレルギーが起きたら、しっかりとした診察を受けて、必要最低限の食物除去を行いながら、栄養素を確保することが原則だそうです!

 

一般的に、離乳食を始める時期は生後5ヶ月から6ヶ月といわれていますよね!

 

その時に、食物アレルギーであっても、離乳食の開始を遅らせたりする必要はないそうですよ!!

 

というのも、離乳食開始時に利用されるのは米、サツマイモ、じゃがいもなどのイモ類や人参やかぼちゃなどの野菜類であり、これらが食物アレルギーの原因になることはほとんどないそうです!

 

乳児期の食物アレルギーの原因はのほとんどが、牛乳や小麦が大半を占めるそうです。

 

親心としては、少しでも心配や不安材料は無くしたい!とい気持ちも出てしまいがちですが、「心配だから」「念のため」といって必要以上に原因となりそうなものを取り除くようなことはよくありません。

 

離乳時から幼児期は、食べ物への関心やみんなで食べる食事の楽しさを学ぶ、基礎づくりの時期でもありますので、必要以上の食物除去を広げないようにしましょう!

 

みなさんもご家族一緒に健康的な食生活を楽しみましょうね!!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください