どうしたらいいの!?何度注意しても繰り返す我が子

2019年10月30日

子どもってどうして、危ないこととか周りの人に迷惑をかけることをするのでしょうか?

 

親御さんとしても目にした時は、ハラハラしたりその都度「ダメ!!」って言い聞かせておられると思いますが、毎日毎日同じことを繰り返していませんか?

 

何度注意しても、何度注意しても、全く変わらないなんてことないでしょうか!?

 

ではこんな時は、どうしたら子どもってわかってくれるのでしょうか?

 

 

何度注意しても繰り返す!?

 

大人に見守られながら成長する乳幼児期のお子さんは、当然のことながら、生活経験もないわけで、これが危険とかこうしたら迷惑がかかるなんて、理解ができていません。

 

生活していく中で、大好きな大人に叱られたり、危ないことをして軽いけがをしたり、お友達と喧嘩したりして、思い通りにならないことや、痛いことを繰り返し経験していくことで、理解していくものです。

 

大切なのは、周りの大人が愛情を持って、やって良いこと、悪いことをその都度しっかりと言葉でわかるように伝えることです!

 

歩き始めたばかりのお子さんには、動きや表情で教えて、言葉がわかるようになった頃には、具体的に理由を話しながら、繰り返し伝えるということが大事です。

 

どうしても大人からすれば、「前にも言ったでしょ!」とイライラしてしまうこともありますが、次第に子どもなりに考えて、判断し行動する力につながっていきますので、わかるまでできるようになるまで「繰り返す」ということが大切です!

 

10回言ってもダメなら、11回言えばいい!

 

20回言ってもダメなら21回言えばいいんですよ!!

 

それぞれの成長のスピードに個人差があるように、理解するまでのプロセスにも子どもたちそれぞれ個人差があります。

 

決してイライラせず、見守ってあげてくださいね!!

 

そして、大人からすれば、”これは、わざとしているな?” と思える時もあるかもしれません。

 

そんなときは、お子さんとの関わりを見直してみてくださいね。

 

子どもって、自分への関心を向けてもらいたくても、素直にその表現ができないとき、悪いこととわかっていても、わざとやってしまうということもあります!

 

「悪い」「良い」だけでなく、そうした行動に表れているお子さんの気持ちをまずは受け止めてください。

 

受け止めてもらえた、わかってもらえたと安心すると、子どもは素直に大人の話も受け止めてくれるもんですよ!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください