待ちに待った!ゴールデンウィークっていつから始まったの!?

2019年04月22日

新学期や新年度が始まり、いよいよ待ちに待ったゴールデンウィークがやってきますね!

 

何と言っても、今年2019年のゴールデンウィークは、10連休!!

 

みなさんにとっても、さぁ何をしようかとワクワクされていることでしょう!

さて、ゴールデンウィークっていつから始まったのかご存知ですか?

 

 

ゴールデンウィークっていつから始まったの!?

 

ゴールデンウィークの起源って実ははっきりしていないそうですよ。

 

昭和26年ごろ、現在のゴールデンウィークの期間に映画が上映され、お正月やお盆の時期よりも興行成績がよかったのだとか。

 

そこで、今ではテレビやラジオでも使われている「ゴールデンタイム」にひっかけてゴールデンウィークと名付けられたという説があるそうです。

 

ちなみに、NHKや一部の民放や新聞では、ゴールデンウィークが業界用語であったことから、「大型連休」という表現をしているそうです。

もともとは飛び石連休って呼んでたの!?

 

もともとゴールデンウィークは「飛び石連休」と呼ばれていたんだとか。

 

昭和23年に祝日法が公布・施行されて5月3日、5月5日が祝日となったそうです。

 

しかし、その時にはまだゴールデンウィークと呼ばれていなかったそうです。

 

当日は週休2日制ではなかったため土曜日が休日ではなかったわけです。

 

そして、5月4日は祝日ではありませんので、「飛び石連休」と呼ばれていたんですね。

 

さらに、昭和60年に祝日法が改正されて、「祝日と祝日の間の1日が平日の場合、その日を国民の休日とする」と決まり、5月4日が休日になったわけです。

 

そのため、5月3日〜5日の最低でも3日間の連休ができたことで、「飛び石連休」と呼ばれなくなったそうです。

その後、平成19年から5月4日は「みどりの日」という祝日になりました。

 

もともと、昭和の時代は4月29日は「天皇誕生日」でしたが、崩御されてからは「みどりの日」という祝日になっていました。

 

祝日法が改正されて「昭和天皇という昭和という激動の時代を忘れない」ために4月29日は「昭和の日」という祝日になり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。

さぁ、今年2019年のゴールデンウィークは!

 

まず、4月30日、5月1日、5月2日は本来ならば平日ですが、新天皇が即位されるため5月1日は今年限りの祝日となりました。

 

また祝日法により祝日と祝日に挟まれた平日は「国民の休日」とするとありますので、4月30日と5月2日は「国民の休日」となるわけです。

 

そして、5月3日の「憲法記念日」、5月4日の「みどりの日」、5月5日の「こどもの日」、5月6日の振替休日が続くため、今年2019年のゴールデンウィークは10連休となるわけですね!!

 

さぁ、せっかくの大型連休です!

みなさんも精一杯楽しんでくださいね!!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください