パパ、ママ必見!勉強を教えるコツ!!

2019年07月12日

お子さんが自宅に帰ってくると「お帰り!宿題は?」と声をかけられ、すぐに宿題をする習慣を身につかせようと努力される保護者の方々も非常に多いのではないでしょうか?

 

今回はそんな宿題にまつわる「勉強を教えるコツ」についてお伝えしたいと思います!

 

 

パパ、ママ必見!勉強を教えるコツ!!

 

小学生になると、宿題をする習慣をつけようと、「家に帰ってきたらまず宿題をしてから遊ぶこと」という約束事をされる保護者の方もいらっしゃいますよね。

 

初めのうちは、宿題が終わるまでそばでみていて、場合によっては教えてあげたりということもあるかと思います。

 

そして、どうしても親心から「もう少し丁寧に書きなさい」とか「もっとちゃんと消しなさい」という感じでついつい宿題が親子ゲンカのもとになることもしばしばありませんか。

 

そのうち、「自分でできるもん!」と言って宿題を教えようとする保護者の方を避けて宿題をしようとするお子さんの姿もあったり。。。

 

保護者の方からするとまだまだ教えなければならないことがたくさんあるのに、お子さんからはうるさがられて喧嘩になってしまうので、戸惑いを感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

一人でもできることは頼もしい成長!!

 

初めのうちは一緒に宿題をしていたけど、次第に宿題をするという習慣が身につき、一人で宿題をしたがるというのは頼もしい成長です!

 

そして、ここからが大切になってくるのですが、今日のテーマでもある「勉強を教えるコツ」です。

 

あえて、 ”穏やかに” 教えるコツ と言ったほうが良いかもしれません(笑)

 

ズバリ、間違いやダメなところだけを上から目線で指摘しないことです!

 

では何をすれば良いのでしょうか?

 

それは、できているところをしっかり認めてあげましょう!

 

できているところだけでいいんです!

 

「こんなに難しい計算ができるの!!」

「こんなに難しい漢字が書けるの!!」

 

親だからこそかけられる魔法の言葉ですよ。

お子さんはとっても励まされて、学習意欲が溢れて出てきます!

 

そしてもう一つ、大切なこと。

わからないところを聞かれたとき、「あ〜、これは難しいね〜」と一緒に考える姿勢で受け答えしてください!

 

ダメなところ、できていないところを指摘、注意したい親心もわかります。

しかし、そうした指摘をしたり、聞かれたこと以外はとがめたりしないというのがコツなんです!

 

完璧を求めるのではなく、良いところを認めて褒めてあげることで、学習意欲を引き出します。

子ども達の達成感や自尊心を大切にしたいですね!

 

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください