【永久保存】家庭で今すぐできる防災対策!

2019年02月04日

大地震や河川の氾濫など、災害はいつ起きるかわかりませんよね。

だからこそ、万が一災害が起きてしまったとき、準備が出来ているかどうかが、その後の避難生活や皆さんの身の安全の分かれ道にもなりかねません。

そこで今回は、普段からできるご家庭での備えについてご紹介します。

家具の置き方、工夫していますか?
家具の転倒防止対策も忘れずに!

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。

大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。

 

防災対策の第一歩として、まず家の中を家具の配置を見直しましょう。

現在、皆さんのご自宅の家具の配置はどのようになっていますか?

 

背が高い家具が倒れて、災害時に出入り口を塞ぐことのないように、配置を工夫しましょう。

また、家具は配置に気を付けることも大切ですが、倒れないように固定することも肝心です。

 

・家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう。

・寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。

もし家具を置く場合も、なるべく背の低い家具にするとともに、倒れた時に出入り口をふさいだりしないよう、家具の向きや配置を工夫しましょう。

・手の届くところに、懐中電灯やスリッパ、ホイッスルを備えておきましょう。

家具などの固定例

・タンス

床側をストッパーなどで固定し、天井側はポール式器具で固定しましょう。

・食器棚

L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、開き戸には開かないように留め金を付けましょう。

・本棚

L字型金具やワイヤーなどで壁に固定し、重い本は下の段に置きましょう。

・テレビ

粘着マットを敷いて転倒を防ぐとともに、機器の裏側をワイヤーなどで壁やテレビボードに固定しましょう。

・冷蔵庫

裏側をワイヤーなどで壁に固定しましょう。

・窓ガラス

強化ガラスに替えたり、飛散防止フィルムを張ったりしましょう。

食料・飲料などの備蓄、十分ですか?
水や非常食の備えを確認しよう!

災害時は水道や電気などのライフラインがストップしてしまうかもしれません。

そのような非常事態に備えて、水や非常食を蓄えておくことが大切です。

最近は、乾パンや保存期間が長い食品を置いているスーパーも増えてきています。

また、必ずしも災害用の食品でなくても、賞味期限が比較的長いレトルト食品やカップ麺、缶詰などを家に常備しておくと、もしもの時にとても役立ちます。

防災のために特別なものを用意するのではなく、できるだけ、普段の生活の中で利用されている食品等を備えるようにしましょう。

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

・飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

・非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット板チョコ乾パンなど

・トイレットペーパーティッシュペーパーマッチろうそくカセットコンロなど

※ 大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましいとされています。

※ 飲料水とは別に、トイレを流したりするための生活用水も必要です。日頃から、水道水を入れたポリタンクを用意する、お風呂の水をいつも張っておく、などの備えをしておきましょう。

非常用持ち出しバッグの準備、できていますか?
非常袋の中身も要チェック!

自宅が被災したときは、安全な場所に避難し避難生活を送ることになります。

電気やガスが止まった時のために、懐中電灯や携帯電話の充電器があると便利です。

その他にもウェットティッシュや下着など、役立つグッズをまとめていつでも持ち出せるようにリュックなどにまとめておきましょう。

非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)

・飲料水

・食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)

・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)

・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)

・ヘルメット、防災ずきん

・マスク

・軍手

・懐中電灯

・衣類

・下着

・毛布、タオル

・携帯ラジオ、予備電池

・携帯電話の充電器

・使い捨てカイロ

・ウェットティッシュ

・洗面用具

・携帯トイレ

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

ご家族同士の安否確認方法、決まっていますか?
何かあった時の連絡方法を決める

災害時などご家族と連絡が取れないのは大変困ります。

別々の場所にいるときに災害が発生した場合でもお互いの安否を確認できるよう、日頃から安否確認の方法や集合場所などを、事前に話し合っておきましょう。

また、スマートフォンで緊急時用の対策が取れる様々なサービスがありますので、事前に家族の皆さんで登録しておくと良いでしょう。

 

災害用伝言ダイヤル

局番なしの「171」に電話をかけると伝言を録音でき、自分の電話番号を知っている家族などが、伝言を再生できます。

 

災害用伝言板

携帯電話やPHSからインターネットサービスを使用して文字情報を登録し、自分の電話番号を知っている家族などが、情報を閲覧できます。

 

 

避難場所や避難経路、確認していますか?

いざ災害が起きた時にあわてずに避難するためにも、お住まいの自治体のホームページや国土交通省ハザードマップポータルサイトなどから防災マップやハザードマップを入手し、避難場所、避難経路を事前に確認しておきましょう!

 

それぞれの災害をイメージして、どのように行動すれば安全に避難できるか家族で考えてみましょう。

 

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル
ママコ編集部
ママコ編集部

子育てに役立つあらゆる情報を、世界中のママライター がキュレーションし、世界中の子育てをシェアしあいながら、こども達の未来をともに創ろうとするスマホメディアです。

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください