小5算数 図形の合同の意味と性質がわかるかな?

2018年12月23日

2つの図形がぴったり重なり合うとき、2つの図形は合同であるといいます。
このとき、形や大きさも同じになります。

どうやって調べたらいいのかな?

うすい紙に写したり、切り取ったりして重ねるといいですね!

①と④はぴったりと重なるので、合同です!
①をうら返すと⑥にぴったり重なります。これも合同です!

では、2つの四角形が合同のとき、重なり合う辺の長さ、角の大きさはどうなっていますか?


合同な図形で、重なり合う頂点を、対応する頂点といいます。
重なり合う辺を、対応する辺といい、その辺の長さは等しくなっています。
重なりあう角を、対応する角といい、その角の大きさは等しくなっています。

では、実際に動画を見て、確認してみましょう!

オフィシャルYoutubeチャンネルはこちら MaMaCoTVYoutubeチャンネル

コメントを投稿する

必要項目を記述の上、コメントを送信して下さい

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください