すべての瞬間に大切が宿ってる!『6才のボクが、大人になるまで。』

映画が始まったとき6才だった少年が、思春期を迎え、自立していく18歳までの成長記録……。

画期的なのは、これが一人の役者で実際に12年の月日をかけて撮影されていること!

そのプロセスには母の再婚、離婚、父との関係、恋、将来の夢などが盛り込まれていますが、子供の成長をリアルに見れる映画でもあります。

母親自身も転職、結婚、離婚など、壁にぶつかったり、諦めたり乗り越えたりしながら、選んだ道をしっかり踏みしめて歩んで行きます。

彼女の生き方には、私たちが子育てするとき 参考になったり勇気をもらったりするヒントが隠されています。

監督のリンクレイターはこう言っています。

「子供が6歳から18歳になり、大学に進学して親元を離れるまでの12年間の親子関係を描き出したい。しかし、子供に起きる変化は多すぎて十分に語りつくせない。そこで、子供が経験するものすべてを盛り込むつもりで脚本を執筆した」

子育ての合間のひと時に ぜひ映画館へ足を運んでみてくださいね!

11月14日(金)全国ロードショー


友達にすすめ

  • gplus

作成者について

編集長:ishida

家族で楽しめる動画、忙しいmamaがホッと一息つける動画をセレクトしていきます。
皆さまどうぞ宜しくお願いします。

コメントする