日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ­合作で映画化「海難1890」 

~あらすじ~
1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山­県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。
500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救わ­れ、トルコへ帰還。
この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。

そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り­残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する。


友達にすすめ

  • gplus

作成者について

編集長:ishida

家族で楽しめる動画、忙しいmamaがホッと一息つける動画をセレクトしていきます。
皆さまどうぞ宜しくお願いします。

コメントする